求人の歴史

建設現場

新しい仕事の探しかたのこれまでの歴史とは

時代によって産業の盛衰があるので、古い産業から新しい産業に人材が移動するのがこれまでの歴史的特徴である。特に高度経済成長の時期には製造業の成長が著しかったので、その時代のトレンドは工場の従業員になることである。しかし商業やサービス業のウエイトが高くなったので、オイルショック以後は転職で接客業の仕事を選ぶのが一般的であろう。その一方でどの時代にも共通して選ばれていた業種としては、タクシー業界が挙げられるであろう。タクシー業界では常時人材募集を積極的に行っているので、中高年を中心に積極的に転職先として選んでいたのが最大の特徴であろう。またIT化が進んだことによって、ソフト開発会社勤務の人材が意欲的に転職するのが、この10年間の傾向である。

未来に向けた新しい仕事探しのスタイルとは

この10年間に大学進学率も5割を超えるようになったので、今後は高学歴者の転職が増えるであろう。そのために金融の知識を持つ人が、銀行や証券会社のように様々な企業の間でスキルアップのために転職するであろう。しかし新しい仕事を選ぶ場合には、夢を実現することも重要である。そのためにファッションデザイナーになるためにアパレル業界を選んだり、シェフになるために飲食業界を選ぶ人も増えるであろう。また求人情報を得る方法も多様化しているので、今まで以上に求人情報が探しやすくなるであろう。さらに転職をサポートするサービスも充実するので、医師や看護師のような専門職や、製造業で働くさまざまな技術者の仕事探しも楽になるであろう。